何となく、効果が現れてきたような気がします。

久々の休みに、家族揃って昔のアルバムを見ていた時の話です。
若い頃の私を見て、娘が言い放った一言がグサッと胸に突き刺さりました。
「お父さんって、今と違って昔は髪の毛がフサフサだったんだね~。」
すかさず妻が、
「そんな事言わないの!」
と嗜めてくれたものの、周りからはそういう目で見られていたんだ・・と感じた時は、正直ショックでした。

薄々、感づいてはいたんです。
第三者から見ると、頭皮が透けて見えますから薄毛に見られているんだろうな・・と。
でも、ストレートに言ってくれる人が今までいなかったものですから、改めて現実を突きつけられたと言えます。
妻は、「子供のいう事だから気にする事はない」とフォローしてくれたものの、やっぱり気に掛かりますよね。
それからというもの、何となく他人の目線が頭部に集中しているように感じました。
薄毛をネタにする芸人さんもいらっしゃいますけども、私達は一般人ですから、揶揄されたらヘコんでしまいますよね。
見ないフリをして、チラッと頭頂部を見ては内心では笑っているのではないか、そのようにネガティブに受け止めるようにもなってしまいました。
父親たるもの、やっぱり妻や子供の前では、格好良い父親像を描きたいものではないでしょうか。
これは何とかしたいと考え、医療機関で薄毛の治療に取り組むことにしました。
なるだけ髪の毛が生えてくれたら、という思いも込めて、育毛環境を整える事にしたんです。
病院で処方された治療薬を使うだけではなく、毎日入浴した際は、毛穴に詰まっている皮脂の汚れをしっかりと落とすようにしました。
加えて、ストレスを出来るだけ溜め込まない様に発散するように心掛けています。
メタボ気味でもありますので、運動して汗を流せば健康にとってもプラスになるでしょう。
その結果、抜け毛の数がだいぶ減り、薄っすらと産毛のような髪が生えてきたような気がします。
継続は力なり、と言いますから、途中で諦めない事が肝心なのかもしれません。
満足のいく結果が出るまでは、私はコツコツと努力を続けていこうと思っています。

Filed under 薄毛に悩むなら